沿革

竹田印刷のあゆみ

大正13年1月 (1924年) 名古屋市にて武田商店印刷部として創業
昭和21年11月 (1946年) 竹田精版印刷株式会社(資本金18万円)を設立
昭和25年8月 (1950年) 印刷工程の一貫体制を目的に竹田印刷合名会社と合併し、竹田印刷株式会社(資本金500万円)に商号変更
昭和26年10月 (1951年) 写真製版設備を設置し、多色プロセス製版を開始
昭和39年10月 (1964年) 東京への営業拠点として、東京都中野区に竹田印刷株式会社(東京)(資本金2,000万円)を設立
昭和42年11月 (1967年) 企画分野の充実を図るため、本社企画部門を分離独立させ、名古屋市中区に株式会社光風企画(資本金1,000万円)を設立(現・連結子会社)
昭和61年4月 (1986年) 大阪市東区に大阪営業所を開設
昭和62年4月 (1987年) 拡印刷への第一歩として本社製版部にファインプロセス課(現在は本部に昇格)を設け、高精度製版システムを確立
平成3年4月 (1991年) 竹田印刷株式会社(東京)を吸収合併
平成4年4月 (1992年) 株式会社(旧)光文堂を吸収合併、株式会社(旧)光文堂の営業部門は株式会社(新)光文堂(旧光文堂機械販売)へ営業譲渡(現・連結子会社)
平成5年2月 (1993年) 愛知県海部郡甚目寺町にスタジオACE1(ワン)を建設
平成8年1月 (1996年) 株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場
平成9年4月 (1997年) 本社にメディアソフト部を設け、ワンソース・マルチユース体制を確立
平成9年5月 (1997年) 名古屋市昭和区に高辻工場完成
平成11年11月 (1999年) 中部事業部でISO9001認証登録
平成12年9月 (2000年) 株式会社かみたに(大阪府八尾市・資本金6,000万円)の株式を取得し子会社化
平成12年12月 (2000年) 関東事業部でISO9002認証登録
中部事業部でISO14001認証登録
平成14年3月 (2002年) 中部事業部に、半導体用メタルマスクレーザー加工機を導入
平成15年4月 (2003年) 日栄印刷紙工株式会社(大阪府茨木市・資本金1,000万円)の株式を取得し子会社化(現・連結子会社)
平成15年10月 (2003年) 中国に上海竹田包装印務技術有限公司を設立(現・連結子会社)
平成16年5月 (2004年) 半導体部門(現・ファインプロセス本部)拡充のため、物流センターを移設し、テクノセンターを開設
平成17年7月 (2005年) 中国に大連光華軟件技術有限公司を設立
平成17年11月 (2005年) プライバシーマークの付与認定
平成18年12月 (2006年) 関東事業部新社屋竣工
平成19年12月 (2007年) 株式会社読売新聞東京本社との共同出資により、東海プリントメディア株式会社(愛知県清須市・資本金5,000万円)を設立(現・連結子会社)
平成21年4月 (2009年) 株式会社かみたにを吸収合併し、関西営業本部を関西事業部に組織変更
平成22年8月 (2010年) 株式会社千代田グラビヤとの共同出資により、
株式会社千代田プリントメディア(東京都品川区・資本金3,000万円)を設立
平成23年10月 (2011年) 予防医療システムのASPサービスを営む株式会社メディカルインテグレーション(東京都品川区・資本金1,040万円)の株式を取得し
子会社化(現・連結子会社)
平成23年10月 (2011年) 株式会社プロセス・ラボ・ミクロンとの共同出資により、
竹田ミクロン株式会社(埼玉県川越市・資本金15,000万円)を設立
平成25年7月 (2013年) 株式会社プロセス・ラボ・ミクロン(埼玉県川越市・資本金15,000万円)の株式を取得し子会社化(現・連結子会社)
平成26年4月 (2014年) 生産体制の合理化と強化のため、株式会社プロセス・ラボ・ミクロンに竹田ミクロン株式会社を経営統合
平成26年12月 (2014年) 株式会社プロセス・ラボ・ミクロンの子会社である富来宝米可龍(蘇州)精密科技有限公司が
名幸電子(広州南沙)有限公司より、メタルマスク事業を事業譲受
平成27年10月 (2015年) ISO27001認証登録